参加にあたっての必読事項

※当イベントの参加者は一般・サークル問わず当ページの内容と主旨に納得し同意したものとします。

ピク「スク」かんたんサークル参加

サークル申込みの設問につきまして

サークル傾向の表記ゆれ対策のお願い

センシティブな作品の扱いにつきまして

グッズ作品の制作・頒布につきまして

原作スクリーンショット等の利用禁止につきまして

現在のスペース配置につきまして

Twitterタグに関するローカルルール

スクリーンショットに関するローカルルール

※サークル参加申込期限を過ぎてのキャンセルは受け付けません。

※当イベントにおける参加費の扱いにつきましては、
 こちらのページの上から下までを必ずご一読いただき、
 《サークル参加申込》《イベント会場へ》のボタンを押した時点にて
 その内容と主旨に納得し同意したものとします。








サークル申込みの設問につきまして

→参考記事:配置作業・申し込みの作品傾向欄について






サークル傾向の表記ゆれ対策








センシティブな作品の扱いにつきまして

当イベントでは成人向け作品の頒布・展示は条件付きで可能です。

・店舗アバター
・サークルカット
・お品書き
・頒布物メニュー
・独自アバターとその発言
  …などの【R-18】に相当する
   アダルトな表現はお控えください。

性的な表現だけではなく、残酷な表現なども含め、
一般的なリアル即売会におけるサークル設営やポスター掲示などの表現の範囲にとどめてください。

また成人向け作品には【成人向け】【R-18】など分かりやすい表記を記載するとともに、
【R-18】と判断できる性的な行為を表現している見本ページ・作品に関しましては、
年齢認証のできるサービスへの外部リンクなどを活用の上、ワンクッションの工夫をお願いします。
※年齢認証のできるサービス…各種通販サイト、pixivなど

また、当イベントにおける「ワンクッションが必要なセンシティブ表現」の例といたしまして

(1)体の一部を性的に強調する表現
(2)性的な行為の表現(ディープキス・ペッティング等を強調する表現も含む)
(3)肌の露出が極端に多く、性的に強調された表現

(4)大量出血、欠損などを含む極端に残酷な表現

頒布物や展示物自体に以上の表現があっても問題はありませんが、
pictSQUARE会場内にて上記の表現を直接的に掲載している場合、
画像や文章の削除・編集・差し替えなどのご協力をお願いすることがあります。
(※pictSPACEを利用した画像の場合は同サービス店舗設定を【R18】とした場合を除く)







グッズ作品の制作・頒布につきまして

今回のイベントにつきまして、グッズの制作を検討しているサークル様も多数いらっしゃることと存じております。

そこで当イベントにおけるグッズ作品の「最低限」のガイドラインを設定します。

当イベントに参加される皆様方におかれましては、
上記の画像を確認の元、今一度、頒布物の

・デザイン
・販路

をご確認ください。

前提としてその作品がOK/NGの判断の権利を持っているのは公式であって、
当イベント主催者ではありません。
もし公式からその作品の頒布(販売)はやめるよう警告があれば
作者ならびにサークル責任者は速やかにそれに従うことを絶対のルールとします。
そのことに関して当イベントは一切の責任を負いません。

イベント主催者は作品が発表される「場」を用意するために尽力し、
そのための責任を負う存在です。
よって公式著作物を作品などに直接使用しているなどの明確な問題がない限り、
主催者が各作品のOK/NGについて言及することは避けるべきであると考えています。

頒布物それぞれの責任はすべて制作者が負わなければならないものであり、
イベント主催者が「これらの表現はNG」とジャッジすることはつまり、
「これらの表現でなければOK」と勝手に判断し、
その認識を共通のものとして広めることとほぼ同義であり、
公式と競合しうる作品が頒布されることとはまた別の観点から
同人イベントを運営する上で問題のある状況ではないのかと考えていました。

しかしイベントを運営していく上で、
あまりにも公式と競合しうる作品が頒布される「場」を自身が提供する状況は
主催者にとっても多大なストレスとなりうるため、
今回「最低限」のガイドラインを設けました。

そしてどうぞ、上記のガイドラインを守っているからといって
ご自身の作品は「大丈夫」だ、とは思わないでください。

上記にあてはまるグッズではなく、
例えば人型NPCや自キャラをモチーフとして作成したグッズであっても、
またその作品が同人誌(※)であったとしても、
二次創作である以上は原作が必ず存在しています。

我々は各イベントのガイドライン、
また過去の前例などを踏まえて判断していくしかありませんが、
公式が同人に対して何らかの判断をくだす時、
我々の基準にのっとって貰えるものとは思うべきではありません。
公式側が「やめてほしい」という声明を出したならば、
そこに法的な拘束力がなかったとしても、
速やかに従うのがファンとしての良識であると頭割り主催者は考えます。

以上は当イベント主催者の私見を少なからず含むものではありますが、
少なくとも当イベント【頭割りだョ!ヒカセン集合】に参加される場合に限りましては
ご理解とご了承をいただけましたら幸甚に存じます。

※グッズ以外でもコンセプト・デザイン・販路・作品内容・タイトル等の組み合わせによって
 頒布停止せざるをえなくなった事例も過去に発生しております。







原作スクリーンショット等の利用禁止につきまして

・頒布物もしくは展示物
・頭割り関連タグ利用ツイートへの掲載画像
・店舗アバター
・サークルカット
・お品書き
・頒布物メニュー
・独自アバター

これらへの
原作スクリーンショット及び公式画像等の使用はかたく禁止いたします。
加工した画像・線画抽出・トレース・加工した画像をトレースしたもの…などの利用も同様に禁止します。
また、pictSQUARE内頒布物や画像などでなくとも、
当イベントTwitterタグなどを利用する際にはTwitter画像、外部サイトURLなどを利用したDL無料配布物や展示物などを含む画像に公式SSや公式画像等を使用しないようにご注意ください。
皆様のご協力よろしくお願いいたします。









現在のスペース配置につきまして

①申込時点のスペース配置は申し込み順の自動配置のままの仮のものです。

②スペース配置の編集はサークル申込み〆切(4/30日中予定)以降に行います。

③(2)以降、会場内配置が大きく動くことなどがありますが、
 当イベント告知アカウントより配置完了の発表があるまでは確定ではありません。

④(2)~配置完了発表までの期間は申込内容を編集しないようにしてください
 (個別に連絡をとり主催者の確認のある場合を除く)
 ※店舗外観・サークルカット・お品書き等の画像の変更はOK
 また混乱の元となりますので、配置完了発表までは配置スペースのアナウンスはご遠慮ください。








Twitterタグに関するローカルルール

画像

上記頭割りタグでの作品紹介は【頭割り4】にサークル参加される方のみのご利用をお願いいたします
また、こちらのタグを使用しての公式SS画像や公式画像の投稿、公式タグ併記等はご遠慮ください。








スクリーンショットに関するローカルルール

スクショルールとカメラマークについて

カメラマーク(フリー素材・改変可)

画像